炊飯器の保温機能はお肉料理に便利なんです。そんな活用法をご紹介します。

 

何故、お肉料理適しているか

 

お肉のタンパク質は急激に火を通すと固くなります。しかし、70℃前後の温度でゆっくり時間を掛けて火を通すとお肉は固くなりにくいのです。

 

しかし、普通のお鍋などで70℃前後の温度保ちながら調理するためには温度を測りながら火をつけたり消したりしながら、ほぼ付きっ切りになってしまいます。

 

そんなの面倒ですよね。そこで炊飯器の保温機能を活用するとたまに温度を見る程度で簡単に柔らかなお肉料理が出来てしまいます。

 

次に一番簡単に出来るローストビーフの作り方を紹介します。

 

炊飯器で柔らかローストビーフ

 

本格的に作ると面倒なローストビーフですが、炊飯器を使うとほったらかしでできてしまいます。

 

〈材料〉

 

牛もも塊         300g
にんにくすりおろし    1かけ分
塩・胡椒         適量
タコ糸若しくはお肉用のネット
アルミホイル
ジッパー付き保存袋

 

〈作り方〉

 

1、お肉に塩・胡椒、にんにくを擦り込み、30分位常温に置いておきます。
2、30分経ったらお肉の表面に出てきた水分をキッチンペーパーで拭き取り、形を整えながらタコ糸を巻きつけていきます。同時にお湯を沸かしておきます。
3、油を入れたフライパンを煙が出るくらいまで熱し、2のお肉を入れ全体を焼いていきます。
4、全体に焼き色や軽い焦げ色がついてきたらお肉が包めるくらいの大きさに切ったアルミホイルの上に置き、アルミホイルで包み、ジッパー付き保存袋に入れます。袋の中の空気をなるべく抜いてジッパーを閉じます。
5、炊飯器に沸かしておいたお湯を入れ温度を測り、70℃になるまで水を少しずつ足して調節し、適温になったら袋に入れたお肉を入れます。
  このときもしお肉が浮いてくるようなときは落し蓋などでお湯にきちんと浸かるように抑えてください。このまま1時間、時々温度を見ながら放置します。
6、1時間後お肉を取り出しそのまま常温でお肉が冷めるまで休ませて出来上がりです。

 

あとはお好みの厚さに切って、そのままワサビ醤油で食べたり、ローストビーフ丼で食べたりとお楽しみください。